HTML5資格の業界の評判と人気は?価値はどれだけあるのか?





IT業界に入る人でHTML5プロフェッショナル認定試験を受ける人は多いと思います。

HTML5プロフェッショナル認定試験の人気と、業界の評判はどうでしょうか?
必要性はあるのでしょうか?

 

今回は、HTML5プロフェッショナル認定試験の評判と人気について紹介します。

 

HTML5プロフェッショナル認定試験の人気について

HTML5のメリットの記事でも触れましたが、Web Designing編集の“Webデザイナー白書 2013-14”では、1位がHTML5プロフェッショナル認定資格・2位がWebデザイナー検定・3位がウェブデザイン技能検定の順位で人気がランキングされています。

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が主催するHTML5プロフェッショナル認定試験が広く認知されるだけでなく、HTML5プロフェッショナル認定試験の実用的な価値が認められることを意味しています。

さらにIT業界の評判とIT教育業界の評判を紹介したいと思います。

 

IT業界の評判

日経Linux 2015年2月号に掲載された株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジーは、“3つの資格が、私たちを強くする”と述べています。

株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジーでは、従業員に対して“自分への投資”を評価するひとつの基準として、“LPIC”・“OSS-DB”・“HTML5”の3つの資格の受験を全従業員に対して推奨しています。

株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジーは、ソフトウェア開発現場において多様な知識・スキルを要求が要求されているために、日増しに前述のIT資格の重要性が増していると認識しています。次に、日経Linux 2015年7月号に掲載されたJBCC株式会社は、“3つの資格が、私たちを強くする”と述べています。

ITベンダーとしてHTML5・LPIC・OSS-DBの資格は、備えるべき基本スキルと認識しています。更に、Web Designing 2016年10月号に掲載された富士ソフト株式会社は、“私たちは全員、HTML5全員取得”と述べています。

富士ソフト株式会社の社内にも高度な技術を持つ技術者を認定する制度が存在しており、HTML5プロフェッショナル認定試験も社内の認定制度の含まれる資格と位置付けています。HTML5プロフェッショナル認定試験に合格することで、給料などの観点でインセンティブを与えてスキルアップを全面的に支援しています。

 

IT教育業界の評判

Web Designing 2015年2月号に掲載された東京デザインプレックス研究所は、次世代のWebデザイナーに必要となるHTML5能力とデザイン能力を兼ね備えた人財の育成を推進すると述べています。東京デザインプレックス研究所は、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)と2014年12月にパートナー提携が実現しています。これにより、東京発コンテンポラリーデザインの国内最先端のデザイン教育機関として、“大人のためのデザイン専門校”を謳っています。次に、Web Designing 2016年2月号に掲載された株式会社富士通ラーニングメディアは、“未来を生き抜くための資格!”と述べています。

株式会社富士通ラーニングメディアとしては、オペレーティングシステムやデバイスに非依存のHTML5の知識は、デジタルビジネス時代のシステムで必要不可欠という観点で推奨しています。また、Web Designing 2016年4月号に掲載された東京電子専門学校は、“資格を通し自信をつけ、即戦力として活躍してほしい”と述べています。HTML5プロフェッショナル認定試験は、Webコンテンツを実現するために幅広い知識を必要であり、学生向きの学習到達度評価にも最適という観点からも推奨しています。更に、Web Designing 2014年6月号に掲載されたインターネット・アカデミーは、“僕らは、HTML5全員取得”と述べています。

インターネット・アカデミーの考え方としては、Web制作用の言語という枠を超えて、テレビ・自動車・デジタルサイネージ等のターゲットにおいて、Webとモノをつなげるための仲介するテクノロジーとして注目されているとしています。そのために、インターネット・アカデミーでは、Web技術の国際標準化団体W3CとコラボしたW3C公式HTML5講座を開講するなどIT技術者の人材不足対策に精力的に取組んでいます。最後に、Web Designing 2016年9月号に掲載された株式会社プロフェッショナル・ネットワークスは、“私たちは全員、HTML5全員取得!”と述べています。

株式会社プロフェッショナル・ネットワークスは、“資格取得は価値ある人材力の証明”と明言しています。特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)のアカデミック認定校にも指定されており、Web開発に携わる技術者がノウハウを伝授する付加価値の高いカリキュラムを実践する教育機関になります。

 

受験者と企業のHTML5プロフェッショナル認定試験の価値

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が主催するHTML5プロフェッショナル認定試験は、各界から高い評価を得ているだけでなくて受験者からも合格したいという強いモチベーションを持つ方も多くいらっしゃいます。これは、受験者と企業にとってWin-Winの関係が構築できているからに他なりません。つまり、受験者の立場としては、HTML5プロフェッショナル認定試験に合格することで能力を客観的に証明できるために各社が提供しているインセンティブを得ることが可能になります。

企業の立場としては、Webコンテンツの実現可能な人材をHTML5プロフェッショナル認定試験の合格者というキーワードで容易にスクリーニングできるばかりでなく、受注する際に会社の技術力のエビデンスとして活用できるなどの意味を持ちます。

いかかでしたか?

この記事をご覧になってHTML5がマスターできるようになったでしょうか?

今回の記事をみても、まだまだHTML5の知識を得たいという方は、「WebCamp」のプログラミングスクールがおすすめです。

webcampで学ぶとwebのプロフェッショナルとして活躍する日が来ることでしょう!

webcampは、教室にいかなくても、ネットでHTML5を学ぶことができます。
HTMLが未経験・初心者の方でも身につけることができます。

こんなサイトが作れるようになります。↓↓

実際うけてみて、後悔しないために、受講料全額返金保証がついています。
もし、満足できなった場合には、受講料が返ってきます。これなら、安心して受講を申し込むことができます。

これから本気でHTML5を学ばなくてもいいという方は、必要ないかもしれませんが、HTML5を本気学ぶならwebcamp!

今やっている仕事でも、転職しようと思っている先でもHTML5の知識は必要になってくることでしょう!
「えっHTML5使えるの?」
職場でも、驚きの声が挙がるでしょう!

webのプロとして給料も上がり、職場では必要な存在として重宝されていくでしょう!

WebCampの申し込みはこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です