HTML5プロフェッショナル認定試験で問われるJavaScriptの知識と技術とは?





今回は、HTML5プロフェッショナル認定試験で必要とされるJava scriptの知識と技術はどんなものなのか?

認定試験はレベル1とレベル2があるわけですが、それぞれ必要とされる技術と知識は何か?紹介したいと思います。

スポンサードリンク

HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル1で問われるJavaScriptの知識と技術

HTML5プロフェッショナル認定試験は、レベル1とレベル2の括りで分割されています。レベル1に比較してレベル2は、より実践的な知識・技術が問われておりJavaScriptに関する知識・技術の範囲も難しい出題内容となります。

HTML5プロフェッショナル認定試験は、レベル1では、デバイスアクセス系API概要(重要度4)・オフライン・ストレージ系API概要(重要度8)・通信系API概要(重要度3)の3項目がJavaScriptとして要求されています。この中で、“ストレージ系API概要”が最も重要度が高くなっています。この重要度が高い“ストレージ系API概要”に関して確認していきたいと思います。ここで要求されるスキルは、JavaScriptからデータをブラウザー内部に保存する仕組み・オフラインアプリケーションの実現・バックグランドでの処理に関する最新の技術・JavaScriptを用いてWebアプリケーションで実現可能なことなどが問われます。これを理解するために、データストレージの仕組み・オフラインアプリケーションに必要な知識・バックグラウンド処理に関する知識が必要となります。この知識に関する具体的な技術分野は、Web Storage・Indexed Database API・Application cache・Web Workers・Service Workers・Push API・fetchになります。

スポンサードリンク

 

HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル2で問われるJavaScriptの知識と技術

次に、HTML5プロフェッショナル認定試験は、レベル2では、JavaScript文法(重要度10)・WebブラウザーにおけるJavaScript APIイベント(重要度8)・WebブラウザーにおけるJavaScript APIテスト・デバッグ(重要度6)・WebブラウザーにおけるJavaScript APIバイナリーデータ(重要度4)・WebブラウザーにおけるJavaScript API DeviceOrientation Event (重要度4)・WebブラウザーにおけるJavaScript APIクロスオリジン制約とCORS (重要度4) の6項目がJavaScriptとして要求されています。レベル1に比較してカバーする技術分野と知識の範囲が一段と広くなっていることが確認できます。この中で、“JavaScript文法”の重要度が最も高くなっています。この重要度が高い“JavaScript文法”に関して確認していきたいと思います。

JavaScript文法に要求されるスキルは、JavaScriptの構文・C言語等の他言語との相違点・JavaScriptが取入れている様々な概念を理解した効率的なコーディング技術などが問われます。これを理解するために、Javascriptの概要・演算子・特殊数値・配列・制御文・関数・型・オブジェクト・プロパティ・スコープに関する知識が必要となります。この知識に関する具体的な構文等は、変数・型・オブジェクト型・プリミティブ型・インターフェイス・プロパティ・ガーベージコレクション・特殊数値・strictモード・グローバル関数・グローバルオブジェクト・算術演算子・等値演算子・関係演算子・論理演算子・ビット演算子・ typeof演算子・new演算子・delete演算子・void演算子・制御・スコープ・スコープチェーン・グローバルオブジェクト・クロージャ等になります。

 

HTML5プロフェッショナル認定試験で問われるJavaScriptのまとめ

このようにHTML5プロフェッショナル認定試験で問われるJavaScriptは、実践的なコーディングに係わる最新のJavaScriptに関する技術・知識・技能が問われています。

そのために、実際に、JavaScriptのコーディングを行って実践的な経験を積んでいくことが大切になります。

HTMLを学ぶなら「WebCamp

未経験・初心者の方でもWebデザインスキルが身に付けることができます。

こんなサイトが作れるようになります。↓↓

受講料全額返金保証がついていますので満足できなった場合には、受講料が返ってきます。

WebCampの申し込みはこちら!




 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です