HTML5認定試験のレベル2の出題範囲と合格するための勉強方法とは?





今回は、HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル2の出題範囲や合格するための勉強方法についてまとめました。

レベル1よりも知識の深さ、技術の高さを求められます。

どんなことを勉強するのか?紹介したいと思います。

レベル1についての勉強方法についてはこちら

スポンサードリンク

 

HTML5プロフェッショナル認定試験とは

HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5・CSS3・JavaScriptなど最新の次世代Web標準言語についての知識・技術力を確認する資格試験になります。最初に、認定試験にも登場しているHTML5から簡単に説明します。HTMLは、HyperText Markup Languageの略語になります。このHTMLは、ホームページを記述するためのマークアップ言語になります。皆さんがネットワークで閲覧しているホームページの多くがHTMLで記述されています。

このHTMLは、画像・音声・動画等々のメディアを埋め込むハイパーテキスト機能・見出しや段落といったドキュメントの抽象構造・フォントや文字色の指定などの豊富な機能が含まれています。このHTMLは、バージョンアップにより機能の拡張がなされています。2014年10月にはHTMLのバージョン5としてHTML5が、W3Cから勧告されました。さらに、2016年11月には、HTML 5.1 が勧告されました。従って、HTML5プロフェッショナル認定試験は、ネットワーク閲覧で表示されるホームページを記述する最新のHTMLを含むプロフェッショナルとしての知識・技量を確認する認定試験なのです。

今回は、HTML5プロフェッショナル認定試験はレベル2を紹介します。

 

HTML5プロフェッショナル認定試験はレベル2の出題範囲

HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル2は、最新のマルチメディア技術を扱う動的なWebコンテンツの設計・作製をHTML5で実現できる知識・技量を確認しています。出題される内容は、HTML5に関するタグに関する技術・JavaScript・CSS3などが中心になります。

さらに、マルチディバス対応(各種スマートフォン・タブレット・パソコン等)に対応するHTML記述に関する技術・3次元動画・音声情報などのマルチメディアコンテンツの表示・再生技術・ナビゲーション、地図表示などに関する技術・データベースや並列処理に関する技術など、ホームページ作製に必要な幅広い知識・技術が要求の難易度も、HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル1に比較して高まります。

つまり、HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル2は、レベル1に比較して出題範囲も広く・技術水準も深さを増します。HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル2は、試験問題40問から45問前後であり、90分の試験時間で実施されます。

スポンサードリンク

 

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の勉強方法

HTML5プロフェッショナル認定試験の具体的な試験時間と問題数は、試験問題60問前後を90分の試験時間で実施されます。ただし、機密保持契約・アンケートの時間が含まれおり、実質の試験時間は、80分の試験時間と想定しておくとよいでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験は、他のマークシートなどの筆記試験と異なり、CBT(Computer Based Testing)が主体になります。この試験は、指定のテストセンターで随時実施されています。また、20試験以上の団体試験であれば、LPI-Japan事務局に問い合わせることで、PBT(Paper Based Testing)も実施されています。一般の多くの方は、CBTのテストを受験することになると思いますので、CBTに慣れる必要があります。

基本的な試験に対するアプローチは、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格するというステップを踏むことが、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格するための近道になります。なぜならば、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1を通してWebコンテンツ製作に関する知識・技術・技能が習得済みであること・CBTも慣れていることが理由になります。この順番でHTML5プロフェッショナル認定試験を受験すれば、HTML5プロフェッショナル認定試験はレベル2の勉強法は、基本的にレベル1とレベル2の差分を勉強すればよいことになります。

このHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の勉強は、スクールに通学する方法もありますが、“HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集 (Mynavi Examination Library)”・寺 隆信 (著)などのテキストを用いて基本的な項目を把握した後に、問題集を用いて過去問を解くことで実力を高めていくことで対応が十分に可能です。また、基本的な方針は、過去問を含む問題を過去5年相当分の分量に対して、5回程度繰返し解くことで合格圏内がみえてきます。

 

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格するには

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に比較して一段と高いレベルが要求されています。具体的に説明すると、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2では、動的に動作させて高いユーザビリティを実現するリッチユーザインターフェイスアプリケーションを開発する能力・マルチデバイスに対応した高いパフォーマンスで動作する動的コンテンツを制作する能力・システム間連携を行ってリアルタイムな情報を提供できるアプリケーションを開発する能力・スマートフォンなどでネイティブアプリに近い機能を組み込んだ先端のWebアプリケーションを開発する能力・API(Application Programming Interface)のセキュリティモデルを理解した上で開発する能力などのマルチデバイスに対応した高度なコンテンツ製作する実践的な能力が問われます。

このようにHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は、高い実務能力を問われる試験内容になっています。そのために、Webコンテンツの実務等を通した実践的な経験値を高めながら実力を高めることが合格を手にする上で近道になります。その意味で、HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2に合格することは、Webコンテンツに関する高い知識・技術・技能を外部機関が証明してくれるといえます。

いかかでしたか?

この記事をご覧になってHTML5がマスターできるようになったでしょうか?

今回の記事をみても、まだまだHTML5の知識を得たいという方は、「WebCamp」のプログラミングスクールがおすすめです。

webcampで学ぶとwebのプロフェッショナルとして活躍する日が来ることでしょう!

webcampは、教室にいかなくても、ネットでHTML5を学ぶことができます。
HTMLが未経験・初心者の方でも身につけることができます。

こんなサイトが作れるようになります。↓↓

実際うけてみて、後悔しないために、受講料全額返金保証がついています。
もし、満足できなった場合には、受講料が返ってきます。これなら、安心して受講を申し込むことができます。

これから本気でHTML5を学ばなくてもいいという方は、必要ないかもしれませんが、HTML5を本気学ぶならwebcamp!

今やっている仕事でも、転職しようと思っている先でもHTML5の知識は必要になってくることでしょう!
「えっHTML5使えるの?」
職場でも、驚きの声が挙がるでしょう!

webのプロとして給料も上がり、職場では必要な存在として重宝されていくでしょう!

WebCampの申し込みはこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です