HTML5認定試験の難易度とは?必要な勉強期間と合格率とは?





HTML5プロフェッショナル認定試験の難易度はどれくらいでしょうか?

認定試験はレベル1とレベル2があります。それぞれの勉強期間と合格率とはいったいどれくらいでしょうか?

今回は、HTML5プロフェッショナル認定試験の難易度について紹介します。

スポンサードリンク

 

HTML5プロフェッショナル認定試験の難易度の情報公開

HTML5プロフェッショナル認定試験の難易度について紹介します。

このHTML5プロフェッショナル認定試験は、国家試験とは異なり、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が主催する民間の認定試験になります。そのために、国家試験のような合格率などの統計情報がHTML5プロフェッショナル認定試験では、一般に公開されていません。

 

HTML5プロフェッショナル認定試験の難易度を相対評価(民間資格として最難関)

ホームページを一言に創作するための資格といっても、多種多様な資格が存在しています。HTML5プロフェッショナル認定試験の難易度を相対評価するために、4種類のWeb創作するための資格を紹介したいと思います。一番難易度の低い資格が、Web創作の初期段階で検討される入門資格が、Web検定(Webデザイナー)があります。この資格は、社団法人全日本能率連盟が主催するものであり、Webサイト構築に必要となる基本的なWebデザインの知識を確認するものです。

合格率は、2015年のデータで約87パーセントを超過しています。2番目の難易度の資格が、サーティファイ Web利用・技術認定委員会の主催しているWebクリエイター能力認定試験です。

この試験は、Webサイト構築に必要なHTMLの記述能力・基本的なデザイン能力を確認します。平成28年度までの平均合格率は、約80パーセントになります。次の登場する資格が、今回紹介しているHTML5プロフェッショナル認定資格になります。この資格の合格率は、一般に公開されていません。

このHTML5プロフェッショナル認定資格は、難易度が3番目になります。

最後に、難易度が4番目の資格は、特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会の主催するウェブデザイン技能検定試験になります。この試験は、Web創作に関する唯一の国家試験になります。平成28年度までの1級から3級を含む平均合格率は、約51パーセントになります。各級毎の合格率は、1級が約12パーセント・2級が約39パーセント・3級が55パーセントになります。ところで、平成28年度までの1級の受験者数は約500人・2級の受験者数は約5000人・3級の受験者数は約18000人になっています。

このようにHTML5プロフェッショナル認定資格は、民間資格の中で最難関の資格になります。また、民間資格の実質的な難易度が高くなる理由も触れておきます。民間資格は、最新のテクノロジーをタイムリーに取り込みこまれる傾向にあります。そのために、陳腐化した知識・技能・技術では、合格を手にすることが難しいことになります。

スポンサードリンク

HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル1とレベル2の勉強期間

HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル2は、レベル1に比較して出題範囲も広く・技術水準も深さを増します。

HTML5プロフェッショナル認定試験の具体的な試験時間と問題数について説明します。HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル1は、試験問題60問前後を90分の試験時間で実施されます。ただし、機密保持契約・アンケートの時間も含んでします。

そのために、実際の試験時間は、90分よりも短くなるという点を認識しておく必要があります。実際の試験に対するマージンを含めると、80分の試験時間と想定しておくとよいでしょう。次に、HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル2は、試験問題40問から45問前後であり、90分の試験時間で実施されます。レベル2についても、実際の試験に対するマージンを含めて、80分の試験時間と想定しておくとよいと思います。

学習する時間の目安は、一日あたり2時間の勉強時間が確保できるものとして、HTML5プロフェッショナル認定試験のレベル2が6ヵ月、HTML5プロフェッショナル認定試験が2ヵ月の勉強時間が必要になります。この時間を掛ければ、十分に合格圏が見えてきます。

最後に、このHTML5プロフェッショナル認定試験は、他のマークシートなどの筆記試験と異なり、CBT(Computer Based Testing)で随時、指定のテストセンターで受験します。この受験方式に対して慣れておくことも合格する観点で重要になります。ただし、団体試験であれば、PBT(Paper Based Testing)も実施されています。

いかかでしたか?

この記事をご覧になってHTML5がマスターできるようになったでしょうか?

今回の記事をみても、まだまだHTML5の知識を得たいという方は、「WebCamp」のプログラミングスクールがおすすめです。

webcampで学ぶとwebのプロフェッショナルとして活躍する日が来ることでしょう!

webcampは、教室にいかなくても、ネットでHTML5を学ぶことができます。
HTMLが未経験・初心者の方でも身につけることができます。

こんなサイトが作れるようになります。↓↓

実際うけてみて、後悔しないために、受講料全額返金保証がついています。
もし、満足できなった場合には、受講料が返ってきます。これなら、安心して受講を申し込むことができます。

これから本気でHTML5を学ばなくてもいいという方は、必要ないかもしれませんが、HTML5を本気学ぶならwebcamp!

今やっている仕事でも、転職しようと思っている先でもHTML5の知識は必要になってくることでしょう!
「えっHTML5使えるの?」
職場でも、驚きの声が挙がるでしょう!

webのプロとして給料も上がり、職場では必要な存在として重宝されていくでしょう!

WebCampの申し込みはこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です