HTML5プロフェッショナル認定試験とは?どんな職場で生かされる?





HTML5プロフェッショナル認定試験という試験があります。IT技術者なら必須のスキルHTML5の資格となります。
どんな資格で、試験ではどんな内容なのか?

この資格をもつことで生かされる職場などを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

HTML5プロフェッショナル認定試験とは?

ホームページ制作の知識・技術力を確認する資格試験となります。

HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5・CSS3・JavaScriptなど最新の次世代Web標準言語についての知識・技術力を確認する資格試験になります。HTML5プロフェッショナル認定試験は、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)がHTML5等の技術力・知識を認定する認定しています<!–

HTML5とその変遷

最初に、認定試験にも登場しているHTML5から簡単に説明します。HTMLは、Hyper Text Markup Languageの略語になります。このHTMLは、ホームページを記述するためのマークアップ言語になります。皆さんがネットワークで閲覧しているホームページ(World Wide Web)の多くがHTMLで記述されています。このHTMLは、画像・音声・動画等々のメディアを埋め込むハイパーテキスト機能・見出しや段落といったドキュメントの抽象構造・フォントや文字色の指定などの豊富な機能が含まれています。

このHTMLは、バージョンアップにより機能の拡張がなされています。2014年10月にはHTMLのバージョン5としてHTML5が、W3C(World Wide Web Consortiumの略語)から勧告されました。W3Cは、非営利の標準化団体であり、World Wide Webに使用する各種技術の標準化を推進する組織になります。

この規格は、2016年11月には、HTML 5.1 が勧告されました。従って、HTML5プロフェッショナル認定試験は、ホームページを記述する最新のHTMLを含むプロフェッショナルとしての知識・技量を確認する認定試験なのです

スポンサードリンク

HTML5プロフェッショナル認定試験の分類

この認定試験は、2つのレベルで構成されています。

レベル1の試験内容は、HTML/HTML5マークアップ・グラフィックス・レスポンシブWebデザイン・通信・デバイスアクセス系API・Javascriptプログラミング・マルチメディア・ユーザビリティ・パフォーマンスになります。

レベル2は、レベル1の試験内容を半分程度の内容にした試験であり、Javascriptプログラミングを除く試験になります。

ホームページ制作の知識・技術力の客観的な評価による能力アピール効果

HTML5プロフェッショナル認定試験に合格することにより、マルチディバス対応(各種スマートフォン・タブレット・パソコン等)に対応するHTML記述に関する技術・3次元動画・音声情報などのマルチメディアコンテンツの表示・再生技術・ナビゲーション、地図表示などに関する技術・データベースや並列処理に関する技術など、ホームページ作製に必要な幅広い知識・技術の能力を有することが、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンから認定されます。

第三者機関から認定されることにより、THML関連の技術・知識が客観的に証明されます。

このために、広範囲な技術領域において資格試験名称を示すのみで、相手にTHML関連の技量を伝えることが可能になります。

Web技術者・Webデザイナー・ITプロフェッショナル業界でのアドバンテージ

この認定試験は、ホームページの製作・運営・企画全般に渡る業務において活用可能な資格になります。そのために、この関連する仕事を得るために重要な武器になると思います。勿論、ホームページ等の作製の実務に就かれている方は、仕事の幅が広がると思います。

具体的には、Web技術者・Webデザイナー・ITプロフェッショナルの関係する業務に従事される方は、HTML5プロフェッショナル認定試験を受験されることをお勧めしたいと思います。

なぜならば、この認定試験の認定を受けることにより、自営で活動されている方は受注活動にメリットが得られます。また、転職時に一つの客観的な評価につながるために、転職時のアドバンテージとなります。

HTMLを学ぶなら「WebCamp

未経験・初心者の方でもWebデザインスキルが身に付けることができます。

こんなサイトが作れるようになります。↓↓

受講料全額返金保証がついていますので満足できなった場合には、受講料が返ってきます。

WebCampの申し込みはこちら!




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です