HTML5資格取得までの料金や費用は?試験の受験料はどれくらいかかる?




HTML5プロフェッショナル認定試験は、IT業界からも認められているとっておきたい資格の一つです。

資格取得に当たり、勉強にはどれだけの費用がかかるでしょうか?

さらに受験料はいくらかかるのか?

今回は、HTML5プロフェッショナル認定試験の資格取得までかかる費用をまとめました!

スポンサードリンク

HTML5プロフェッショナル認定試験の受験料金

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が実施しているHTML5プロフェッショナル認定試験の認定正式名称は、レベル1がHTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1(HTML5 Professional Certification Level.1)と呼ばれ、レベル2がHTML5プロフェッショナル認定資格 レベル2(HTML5 Professional Certification Level.2)と呼ばれています。

これらの試験の受験料金は、各々15,000円(税抜き)となっています。

 

自己学習の場合の資格取得までの費用

自己学習の場合には、自らテキスト等を購入して学習することになります。

このテキスト以外には、コーディングに関連するHTML5やJavaScripte等のトレーニングも必要になります。このような自己学習に対応するために、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)では、HTML5認定教材制度を導入しています。

このHTML5認定教材制度は、該当教材としてHTML5プロフェッショナル認定試験の出題範囲を網羅しているかどうか否かについて審査しています。

このような審査を通して、HTML5プロフェッショナル認定試験の資格取得を目指す受験者に質の高い教材を提供する制度になっています。

HTML5プロフェッショナル認定試験の教材

レベル1の認定教材は、株式会社マイナビ出版の“HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集”がアマゾンなどから3,434円前後で販売されています。

レベル2の認定教材は、株式会社マイナビ出版の“HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集”がアマゾンなどから3,866円前後で販売されています。

加えて、HTML・CSS・JavaScripte等を解説したテキストが、各々3,000円から5,000円程度でアマゾン等から購入する必要があります。

これらのテキストは、レベル1とレベル2で共通に使用することができます。テキストのみでも10,000円を超える出費が発生します。これらのテキストを通して、最新技術を学習する必要があるために図書館などの図書で対応することが難しいために、どうしても必要な出費になります。

 

これ以外に、HTMLを記述するためのホームページビルダーのソフトウェアが、標準品で10,000円程度・ビジネス品で20,000円程度になります。

勿論、このようなソフトウェアは、定評のあるフリーソフトも多く存在しています。

フリーソフトは、大きく2種類のライセンス形態がありあす。一つ目が、FSF(フリーソフトウェア財団)が定義しています。

2つ目が、OSI(国際標準化機構)が定義しています。フリーソフトウェアの多くが、どちらかのライセンス下で、広く世界中に配布されています。このために、最終的にビジネスに使用する場合には、注意が必要になります。これらのライセンスは、前提として非商用を想定している場合が多いためです。そのために、最終的に商用を前提とする場合は、有償のソフトウェアを購入することが無難になります。

最後に、コーディングしたコードの動作を実際に動作確認するためには、テスト用のWebレンタルサーバーを既契約するあるいは、Webサーバーを構築する必要があります。

Webレンタルサーバーは、一ヶ月あたり3,000円前後でレンタルすることができます。Webサーバーを構築する場合は、パソコン1台の購入費用とLinux等のオペレーティングの費用が発生します。Linuxのオペレーティングシステムは、サポートも含まれますが100,000円から500,000円になります。ただし、前述のライセンスを満足する場合には、無料でオペレーティングシステムを導入することが可能になります。パソコンは、30,000円から200,000円になります。

最終的に受験に必要な費用は、各レベルに対して最小で2万円程度にて対応可能であり、最大で60万円程度の費用が発生することになります。そのために、各受験者の環境を整理した上で受験費用を検討することが必要になります。

 

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)で学習の場合の資格取得までの費用

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は、現在では幾つもの認定校を指定しています。一例として、デジタルハリウッド株式会社では、“HTML5アカデミック認定校制度”を満足しています。オンライン動画授業で受講期間は3ヵ月間であり、パソコンやスマートフォン等で受講可能です。

受講費用は、66,960円(税込)になります。受講費用には、受験チケットが含まれています。次に、株式会社 ケイ・シー・シーでは、 HTML5プロフェッショナル認定資格レベル1対策を3日の集中講座で103,680円(税込)になります。こちらも受講費用には、受験チケットが含まれています。

これ以外にも特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)からJavaエンジニア向けHTML5プロフェッショナル認定試験レベル2セミナーを参加費無料で開催されています。Javaプログラマー向けに、試験概要の説明・ポイント解説が開催されています。受験を検討されている方は、開催の有無を確認することをお勧めします。

このように認定校で学習する場合には、7万円から10万円の費用が必要になります。

スポンサードリンク

 

HTML5プロフェッショナル認定試験の受験までの費用を低減した方へ

受験費用は低減した方は、個人的にWebサーバーを準備して、HTML5認定教材を活用した学習が最も廉価に受験することが可能となります。

並行して特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)の無料セミナー等の有効活用が効果的になります。ただし、自己学習のために、認定校で学習する場合に比較して受験までの学習効率が下がるディメリットがあります。HTML5プロフェッショナル認定試験までの時間の猶予がある場合は、お勧めの方法になります。

HTMLを学ぶなら「WebCamp

未経験・初心者の方でもWebデザインスキルが身に付けることができます。

こんなサイトが作れるようになります。↓↓

受講料全額返金保証がついていますので満足できなった場合には、受講料が返ってきます。

WebCampの申し込みはこちら!

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です